top画像左
top右

VersaPro VK27MB-Gにドライバ類をインストール

ウインドウズ8をクリーンインストールした「NEC VersaPro VK27MB-G」にドライバをインストールしていく過程を記録した記事です。「NEC VersaPro VK27MB-G」だけでなく、「VK26MB」などでもドライバのインストール手順は参考になると思います。割と超大作の記事になってますww(笑)


復活するか?ジャンクパソコン【その3】

前回、「 NEC VersaPro VK27MB-Gのジャンク品を購入 」のコンテンツで見事に不具合が修正されたジャンクパソコンです。

これまでの記録はここに記録されております。

さて、次に、ドライバのインストールを実施していきます。

それでは見ていきましょう。

では「VersaPro VK27MB-G」にウインドウズ8のドライバをインストールしていきましょう。

まずはUSBメモリにいれてあるドライバファイルをパソコンのデスクトップ画面などにコピペします。

ここでUSBメモリを抜いておきます。

ドライバをインストールする際に、USBメモリから読み込むと処理に時間が掛かったりする事を防ぐ目的です。

それと、ドライバをインストールした後の再起動時の余計なトラブルも防止する意味もあります。

メーカーの公式サイトからダウンロードしたドライバは圧縮ファイルになっている場合がほとんどです。 解凍先はわかりやすい場所(デスクトップ)などにするといいでしょう。


ドライバのインストール

あらかじめ公式サイトからドライバをダウンロードしておきます。USBメモリに入れておけばいいでしょう。

NECはすべてのドライバが公開されています。

中古再生大好きな人間にはやさしいメーカーですねww(笑)

ドライバのインストール順序は次の感じでやればいいでしょう。

・一番はチップセットドライバ
・システム系は早目にインストールする

チップセットドライバが一番です。

その次はインテルラピッドストレージ系やマトリックスなんちゃら系をインストールします。

次にグラフィックス系、モニター関連のドライバをあてて、 最後はオーディオ、キーボードなどをあてていくといいです。

あと、解凍したファイルの「どれ」をクリックして実行していくのか?なども悩む場合があります。

これは、教えてもらうというよりか、慣れるしかないですね。

大抵は「setup」などの名前になっているファイルをダブルクリックすれば勝手にインストールする画面になります。 拡張子は「.exe」などですね。

「setup」なんちゃらが複数ある場合には、 インストーラーっぽいのを適当にクリックすれば大丈夫な場合が多いです。 (それで問題になったことはありません。)

NECの場合にはテキストファイルで「インストールの方法」などの名前でファイル内に同梱されています。

(ただし、あくまで参考程度にみましょう。書き方がわかりにくい上に変に難しいやり方をしていますので)


ドライバのインストール

自分でも驚きですが、 ドライバのインストール手順を画像つきで公開するのは今回が初めてになるんですねww。

慣れていないと結構メンドクサイことも多いですので、参考にして頂ければうれしいです♪

ポイントはあまりないです。 敢えて言えば、次の3点くらいですかね。

圧縮ファイルなどはUSBメモリ内で展開するよりも、 ドライバをインストールするパソコン側で(デスクトップなど)展開するようすること。

公式サイトからドライバファイルをダウンロードする際には名前を分かりやすくして保存しておくこと。

ドライバを一個インストールするごとに再起動させること。


チップセットドライバのインストール

207

圧縮ファイルを展開して開いた所です。

「set up」や「インストーラー」、 「アプリケーション」などのファイルを探してダブルクリックします。

209

セットアップウイザードが始まれば成功です。

NECさんの場合には手順が記載されたテキストファイルが用意されています。

親切ですねwww。

でも、読むと少し難しく書いてありますので、 「どのファイルをクリックすればインストールができるか?」という点を確認する程度で読み流していきましょう。

真面目に読んで手順を再現しようとすると挫折しますからね(笑)


システム系ドライバのインストール

208

圧縮ファイルを展開して開いた所です。

「set up」や「インストーラー」、 「アプリケーション」などのファイルを探してダブルクリックします。

210

セットアップウイザードが始まれば成功です。

211

次は「ラピッドストレージ」のドライバですね。

「set up」や「インストーラー」、 「アプリケーション」などのファイルを探してダブルクリックします。

212

セットアップウイザードが始まれば成功です。


グラフィックスドライバのインストール

これも手順は同じです。

213

214

セットアップウイザードが始まれば成功です。


バッテリ・リフレッシュ&診断ツールドライバのインストール

こいつは2段階の手順が必要になります。

@バッテリー制御ドライバの更新
Aリフレッシュ機能・診断ツールのインストール

ドライバを更新しないと、 機種やバッテリーの確認と認識が行われずドライバが動いてくれません。

つまり、 新規でインストールするのではなく、 すでに入っている「汎用バッテリードライバ」を更新していきます。

215

圧縮ファイルを解凍した中身です。

「DRV」(ドライバファイル)
「UTL」(ユーティリティーファイル)
「set up」ファイルはテキストです。手順が記述されたテキストファイルです。

「DRV」(ドライバファイル)
こいつをデバイスマネージャーを開いて「ドライバの更新」して、 バッテリーを認識させることが第一ステップです。

216

左下のウインドウズマークをクリックしてデバイスマネージャーを選択します。

217

「バッテリ」の項目を左クリック、 「ACPI-Compliant Method Battery」を選択(左クリック)して右クリックします。

218

そして「ドライバの更新」を選択します。

219

「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索(R)」 これを選択します。

220

「コンピューター上のドライバを参照します。」 この画面で「参照」というボタンをクリック。

221

バッテリー診断ツールが入っているフォルダを選択します。

222

この場合でしたら、 「デスクトップ」上の「バッテリ・リフレッシュ&診断ツール」ファイルの「DRV」(ドライバファイル)ですね。

223

「デスクトップ」上の「バッテリ・リフレッシュ&診断ツール」ファイルの「DRV」(ドライバファイル)を更新します。

224

「次へ」ボタンを押して更新します。

225

更新されましたww(笑)


次に、 リフレッシュ機能・診断ツールのインストールそのもの(ユーティリティー)をインストールしていきます。

226

「UTL」(ユーティリティーファイル)をダブルクリックします。

227

「set up」をダブルクリックしてインストールすれば完了です。

228

無事に「バッテリ・リフレッシュ&診断ツール」が機能の一覧に出ていれば成功です。


キーボードドライバのインストール

キーボードドライバもデバイスマネージャーからの更新手順が必要です。

すでに入っている標準のキーボードドライバからNEC専用のドライバへ更新するという考え方です。

229

ダウンロードした圧縮ファイルを解凍した中身です。 「UTL」(ユーティリティー)ファイルをデバイスマネージャーから選択して更新する作業となります。

230

デバイスマネージャーを開いて「キーボード」を選択します。

231

ダブルクリックで開いて、 右クリックして「ドライバの更新」を選択します。

232

「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索(R)」を選択します。

233

「参照」をクリックして、 パソコン上(ここではデスクトップ上)にある「キーボードドライバ」のファイルを選択していきます。

234

「キーボードドライバ」のファイルを開きます。

235

「UTL(ユーティリティー)」を選択して「OK」ボタンをクリックすれば更新されます。

ここで再起動を促すメッセージがでても無視をして作業を続けます。

236

デバイスマネージャーの画面を閉じて、再び「キーボードドライバ」のファイル開きます。

237

「UTL(ユーティリティー)」を開き、 「PRODUCTT」ファイルのインストーラーの方を選択します。

ダブルクリックすれば自動的にインストールされますので、 終了した後は再起動します。


マウスドライバのインストール

マウス接続時にタッチパッドをオフにしたりできる機能がありますので、 何気に重要です。

同時にタッチパッドドライバもインストールしてあげる必要があります。

238

239

マウスのドライバの入ったファイルを開き、 「set up」のアプリケーションをダブルクリックすればインストールが始まります。

コンピューターを再起動すれば完了です。

240

次に、 NXパッドドライバの入ったファイルを開き、 「set up」のアプリケーションをダブルクリックすればインストールが始まります。


オーディオ関連のドライバのインストール

241

オーディオのドライバの入ったファイルを開き、 「set up」のアプリケーションをダブルクリックすればインストールが始まります。

コンピューターを再起動すれば完了です。


無線・有線接続関連のドライバのインストール

まずは有線ドライバのセットアップです。

242

デバイスマネージャーから有線ドライバを選択して更新していきます。

243

「ドライバの更新」を選択して・・・

244

「有線のドライバファイル」を選択して・・・

245

「INTELGBE2」を選択して「OK」をクリックします。

コンピューターを再起動すれば完了です。

次に無線ドライバのセットアップです。

246

無線のドライバの入ったファイルを開き、 「iProDifx」のアプリケーションをダブルクリックすればインストールが始まります。

画面中央に表示される変なマークが消えればインストールが終了です。 完了しました、的な通知はありません。

コンピューターを再起動すれば完了です。


SDカード関連のドライバのインストール

247

ドライバの入ったファイルを開き、 「set up」のアプリケーションをダブルクリックすればインストールが始まります。

コンピューターを再起動すれば完了です。


ドライバ類のインストールに関しての最終チェック

248

見事に不明なデバイスが残ってますねwwww(笑)

249

こういう場合には更新を選択して、 インターネット上から検索してみると自動的にドライバがインストールされることもあります。

ただ、 今回はこのままウインドウズ10にアップグレードしますので、 ひとつふたつ不明なドライバがあっても問題はありません。

ウインドウズ10は非常に優秀です。 ほとんどのドライバは汎用でカバーしてくれます。


VersaPro VK27MB-Gにドライバ類をインストールのまとめ

NECの「VersaPro」シリーズはドライバ類が公式サイトからダウンロードできますので、 ドライバのインストール手順で途方に暮れることは少ないでしょう。

ドライバのインストール作業の手順は大体次の2パターンです。

@ダウンロードした解凍ファイルを開き「set up」ファイルなどでインストールさせる方法

Aデバイスマネージャーを開き、すでに存在する汎用ドライバを「更新」して置き換える方法

落ち着いてやれば問題になることはあまりありませんので、 冷静に手順を踏んで作業をすれば大丈夫です。

ウインドウズに10にアップグレードするならドライバが全てインストールできなくても、 アップグレードすれば自動でほとんどのドライバがあたることが多いです。

あまり気にせず、 さっさと次のステップに進みましょう(笑)

さて、次の作業である、 ウインドウズ10へのアップグレードは「 VK27MB-Gのウインドウズ10へアップグレード 」で説明させて頂いております。



スポンサードリンク