top画像左
top右

P772Eのアンテナを増設してみた記録

ヤフオクで入手したLifeBook P772EのOSを64Bit化する(ウインドウズ7)為のOSクリーンインストールを実施した記録です。色々メンテしていく過程の序盤ですww(笑)LifeBook P772EのOSクリーンインストールやメンテナンスなどを実施していきますので同機種をお持ちなら参考にどうぞ。


他社向けの内蔵アンテナで無線化(成功)

今回は「 新規で購入したP772Eのメンテナンス記録 」で紹介したP772EのSSD入れ替え作業を実施していきます。

このページで解説させて頂く作業は次の通りです。

B無線内蔵化

結果的には、 無事に無線カードも内蔵できてアンテナもバッチリ機能していますwww(笑)やっぱり俺って天才ww。

それでは早速、作業内容を見ていきましょう。


無線内蔵化

無線カードはヤフオクで落札しました。

307

MINI PCI 無線LAN(Advanced-N 6205)とアンテナのセットです。

送料込みで数百円となります。

アンテナは「CF-AX2用」とあったので恐らくパナソニックのレッツノート用です。 メーカーが違ってもアンテナとしての機能は恐らく使えるでしょう。

軽いノリで入札&落札しました。

結果的には問題なしです♪
(全然普通に使えてますよ〜)

では無線カードの取り付けを実施していきます。

308

まずはキーボードを外します。と、その前に、キーボードの真上にあるプラスチックの黒いバーを取り外します。

液晶画面に向かって右側の端から2〜3センチ左くらいを持ち上げて、右端ツメをはずします。 右端から2〜3センチ左の、この部分だけ浮かせれるようになっています。

上の画像の赤丸の部分くらいは爪がないので浮かせられます。

309

浮かせた状態で右端の爪(赤い矢印の部分)を本体からかわしながら黒いバーを外します。

310

その状態で右にスライドして滑らせると外せます。

311

黒バーが取り外せた状態です。

312

キーボードは両面テープで軽く止まっています。

フィルム状のケーブルに注意して取り扱いましょう。

313

キーボードのフレキ(フレキシブルケーブル)は本体側のツメの両方の端っこを手前に引くとフレキのケーブルが外せます。

取り付ける時は、フレキのケーブルの端っこを差し込んでおいて、ツメを押しこむ(液晶方向)と固定できます。

キーボードは新品を購入して、交換したものが残っています。 こちらもかなり黄変していますが、今回購入したものよりもマシなので、こっちを漂白して再利用したいと思います。 (漂白作業は後日に実施します。)

314

キーボードのフレキが外れましたww(青丸部分)。 次は赤丸部分のフレキを外します。

315

赤丸部分のツメを手前に押すと外れます。

こっちのフレキは厚みがあって硬いうえに、結構奥まで入ってます。 なのでちょいと強めに引っ張らないと外れないこともあります。

316

外れましたww(笑)

317

コネクタ部分の構造とツメの形です。

318

ここで一旦液晶を閉じて裏返します。 外せるネジは全て外します。

319

これでやっと本体の上側が外せます。 しかし、赤丸部分のコネクタが硬くて外れません。

320

こいつです。

321

でも、上の画像の赤丸部分が無線のコネクタを取り付ける位置です。 何とか作業はできそうなので、そのまま無線カードを取り付けします。

322

MINI PCI 無線LAN(Advanced-N 6205)とアンテナのセットです。

323

今回は無線カード用のネジも付属されてましたので、 そのままそれを使って取り付けします。

324

取り付け出来ましたww(笑)

325

アンテナ(線の先端部分のことです)の取り付けは赤丸部分の光学ドライブ用の空洞を利用するとやりやすいです。

326

ダミーカバーのプラスチックとパソコン本体は普通に1.2〜1.5ミリくらいの隙間があります。 なのでアンテナの端っこだけでも外側に出しておくと利得が良くなる場合があります。

327

画像では本体上側(キーボード側)に片一方のアンテナしか写っていませんが、 最終調整で四角の赤部分にもう一方のアンテナを設置しています。

328

結構ギリギリまで攻めてますww(笑) ちなみに、固定は普通の両面テープです。

329

無線の検証は元々付属していたHDDを取り付けて実施していますので、 ウインドウズ10の画面になります。

330

無事に無線を拾ってくれています。 成功です♪

※参考ページ「 ノートPCの無線LANカードの取り付け


他社向けの内蔵アンテナで無線化(成功)のまとめ

無線が内蔵されていないP772Eに無線カードを取り付けて、 簡易的にアンテナを本体側に設置しての無線化です。

本格的に実施する場合には、液晶画面裏部分にアンテナを設置します。

この場合、アンテナの利得は非常に安定する反面、 作業の難易度は劇的に上がります。

なので、あえて簡単で、効果的な本体側への設置を選択しています。

今回の作業上でのポイントは「他社メーカー向けのアンテナ(と線)が他のメーカーでも使えるか?」です。

結果的には問題なく、無線が機能しています。

無線カードは「MINI PCI 無線LAN:Advanced-N 6205」をチョイスしました。

ヤフオクで数百円で手に入りますし、 性能も悪くないです。

おまけに今回は無線のアンテナと線がセットになってお得でした。

無線の利得は本家の液晶画面裏設置タイプと比較するとルーターから一番届きにくい部屋でちょっと悪くなる程度です。

普段使いには不満もでないレベルです。

次はキーボードトップの漂白作業です。

※作業自体は簡単ですし、 特に難しいポイントはないのでビフォアーアフターの画像しかありません。 (スミマセン〜)



スポンサードリンク