top画像左
top右

SSD入れ替え-OSのクリーンインストール

ヤフオクで入手したLifeBook P772EのOSを64Bit化する(ウインドウズ7)為のOSクリーンインストールを実施した記録です。色々メンテしていく過程の序盤ですww(笑)LifeBook P772EのOSクリーンインストールやメンテナンスなどを実施していきますので同機種をお持ちなら参考にどうぞ。


クローンソフトを使わないOS入れ替え作業

今回は「 新規で購入したP772Eのメンテナンス記録 」で紹介したP772EのSSD入れ替え作業を実施していきます。

このページで解説させて頂く作業は次の二点です。

@SSDを手持ちの旧タイプ(東芝製)に変更
Aウインドウズ7・64bitへ変更

今回は32Bitから64Bitへの変更になりますので、クローン作戦は使えません。クリーンインストールとなります。

ドライバは「Double Driver(ダブルドライバー)というフリーソフトを使用して既存のP772Eからコピーしたものをそっくりそのまま新しい機体に移す試みを実施してみます。

※結果として全く問題なく作業は終了しています。

本来であれば、ドライバを探しておいて、ひとつひとつインストールしていけばいいのですが、今回は敢て別の方法でOSのクリーンインストールを実施してみます!

もともとマイクロンの128GBのSSDにウインドウズ10(32Bit)が入っていたのですが、東芝製のちょっと古いタイプのSSDへ入れ替えしたいと思います。

「SATA2」仕様なのでデチューン(Detune)というヤツですね(笑)

詳しく記載すると、SATA3.0 (6Gbps)のSSDからSATA2.0 (3Gbps)のSSDへ取り換える。

こうなります。

ブラウザゲームと通販サイト、ワードを少し使うくらいです。全く問題ないはずです。

これをウインドウズ7(64Bit)へ変更していきます。

Double Driverとは

フリーソフトで誰でも無料で手に入れられます。USBメモリなどに入れてそこで解凍すればポータブルで使えます。

Double Driver (外部リンク)

パソコンのドライバをコピーして保存ができるソフトです。

さらに、コピーしたドライバを復元することもできるので、何かと重宝します。

使う時はUSBメモリを差し込んでそこからソフトを開けばどのパソコンでも使えます。

デフォルトではパソコン本体のドキュメントにドライバのバックアップをする仕様になってますので、USBメモリ側にバックアップフォルダを作るように変更しましょう。

それではさっそく詳しく見ていきましょう。


SSDを手持ちの旧タイプ(東芝製)に変更

富士通の「LifeBook」シリーズはメンテナンス性は非常にいい場合が多いです。 特に「 P772E」はHDD交換、メモリ増設・交換も容易です。

261

まず、本体裏側のHDDカバーを外します。

ネジを2本外せばHDDとご対面できます。

上の画像の星印の部分を真上に上げればHDDのコネクタは本体から外せます。 SSD(HDD)自体ははめ込まれているだけですので、同時に持ち上げならコネクタを外すとやりやすいです。

262

コネクター類ははめ込まれているだけなので、引張ると外れます。

263

今回はSSD仕様です。サムスン辺りが入っていると思っていましたが、マイクロン製のSSDが入っていました。

264

あとは、SSDを交換すれば物理的な作業は終了です。

265

上が東芝製「THNSNC128GBSJ 2.5インチSSD 128GB」で、 下がマイクロン製「M510 2.5インチSSD 128GB」です。

東芝製の方は厚みが9.5ミリ、 マイクロンは厚み7ミリです。

「LifeBook P772E」は9.5ミリ厚のHDD(SSD)にも対応します。 逆に7ミリ厚の場合にはスペーサーをかます必要があります。 (今時の最新PCは7ミリしか対応していないものもありますからね)


OS(ウインドウズ7 64Bit)のインストール

それではOSをクリーンインストールしていきましょう!

266

未割り当て状態のSSDを装着して電源ボタンを「ポチッ」と押します。 起動メニュー画面に入ります。 「CD/DVD」が「First Boot Device」になるように設定します。

※参考ページ「 P772ジャンクパソコンにウインドウズ8を導入

267

今回は外付けの光学ドライブをセットします。 純正です!(NECのですがww(笑))

P772は画面向かって右側のUSBポートを使用して光学ドライブを読み込ませます。 (左側の2個あるUSB3.0のポートは何故か読み込みません。)

268

無事にOSがインストールされ出すと、この画面になります。

269

特に何も変更する必要もないので「次へ」ボタンをクリックします。

272

今回は全エディション対応のメディアを使用していますので、 対応するものを選択します。今回はプロフェッショナルですね。

273

HDD(SSD)を一個しか繋いでいないなら、 インストール先は間違えようがないですので、そのまま何も考えず「次へ」ボタンをクリックします。

270

「今すぐインストール」をクリックします。

274

途中に「ライセンス同意」があります。チェックを入れて進めます。

275

下側の「新規インストール」を選択して「次へ」。

276

277

後はOSのインストールは自動的に行われます。

271

ライセンス認証は裏側に張ってあるCOAシールの番号を入力します。

以上でOSのインストールは終了です。 お疲れ様です♪

次のステップはドライバのインストールです。

ですが、ちょっと長くなりましたのでPart2に続きます。


こちらのコンテンツも参考にどうぞ。

P772ジャンクパソコンにウインドウズ8を導入


SSD入れ替え-P772Eを購入してメンテするのまとめ

OSのクリーンインストールを実施しています。

もうさすがに慣れましたので、ドキドキ感も興奮もありませんww(笑)

SSD仕様がほとんどなので、起動の速さなども体感的に知っています。だから、感動も全くありません。

2018年6月時点では中古で1万円を切って販売(ヤフオクのお話です)されつつある状況で、メンテナンスを前提に購入しても面白い機体じゃないかと勝手に思っています。

Life Book P772シリーズは分解もしやすくメンテナンスも容易です。

ヒンジ部分のプラスチック製カバーが高確率で欠けたり、割れたりしている個体が非常に多いです。あと、難点はキーボードが経年劣化で黄変している場合も多いです。

ですが、これらは対処可能です。

ヒンジ部分の割れは黒色のビニールテープを貼り付ければ目立ちません。

キーボードはキートップを外して「過酸化水素系(ブライトやハイターなど)の漂白剤を使って日光にさらすと白さがある程度、戻ります。

文字入力に関して駄目ですね。キーボードのタイピングがしにくいです。タッチパットのスクロール機能はマウス無しで操作する時には非常に便利です。

次はドライバコピー、復元ソフト「Double Driver」を使ってP772のドライバをあてていく作業を実施していきます。

ちょっと長くなりましたのでPart2に続きます。



スポンサードリンク