top画像左
top右

内蔵ディスクの容量を変更する手順(win7)

対象のOSウインドウズ7です。HDDから容量の小さなSSDへシステムを復元する場合にはボリュームの縮小や拡張の必要性が出てきます。内蔵ディスクのボリュームの縮小と拡張についての手順を画像を使ってわかりやすく解説していますので参考にしてみて下さい。(対象OSはウインドウズ7です)

HDD(SSD)のボリュームの縮小と拡大の方法

説明対象のOSはウインドウズ7となっております。

システムの復元時に容量の小さなSSDへ移行する際には内蔵ディスクのボリュームを小さくする必要があります。

またシステムを復元後でSSDへ移行した際には未割り当てのボリューム部分を拡大する必要があります。

手順を知っていればすぐに出来ますので操作方法を覚えてしまいましょう。


HDD(SSD)などの内蔵ディスクの容量の変更手順

「スタート」(左クリック) →「コンピューター」(右クリック) →「管理」(左クリック)

上記の手順で「コンピューターの管理」画面を開きます。

内蔵ディスクの容量の変更1


左下の「ディスクの管理」を左クリックして選択します。

内蔵ディスクの容量の変更2


内蔵ディスクのパーテーションなどの情報を確認できる画面になります。

内蔵ディスクの容量の変更3


縮小(拡大)したい部分の上で右クリックすると下のような状態になります。 ここで縮小(拡大)を選択します。

内蔵ディスクの容量の変更4


今回は縮小なので「ボリュームの縮小」を選択して待ちます。 どれだけ縮小可能なのかコンピューターが自動で計算してくれます。

内蔵ディスクの容量の変更5


縮小可能なサイズと縮小後のサイズが表示されています。

内蔵ディスクの容量の変更6


「縮小」ボタンを押すとボリュームが縮小されます。

内蔵ディスクの容量の変更7


※希望通りの容量に縮小できない場合には次のページを参考にしてみて下さい。 当サイト別ページです。

ボリュームが縮小できない場合の対処方法


内蔵ディスクの容量を拡大する

次はボリュームの拡大の手順を確認したいと思います。


拡大したい部分で右クリックして「ボリュームの拡張」を選択します。

内蔵ディスクの容量の変更8


「ボリュームの拡張ウィザード」が開始されますので「次へ」のボタンを押します。

内蔵ディスクの容量の変更9


下の画像の赤く囲んだ部分が拡張後の容量になり、 緑で囲んだ部分が「拡張できる最大の容量」と「実際に拡張する容量」になります。

内蔵ディスクの容量の変更10


処理が完了すると完了画面になります。

内蔵ディスクの容量の変更11


ディスクの容量をみると拡張されていることが確認できます。

内蔵ディスクの容量の変更12


スポンサードリンク