top画像左
top右

OSインストール関連のヒント

ウインドウズ7や10などのOSをインストールする際に起きた問題や経験を記載しているコンテンツばかりですので困った場合のヒントになることもあるかもしれません。ウインドウズ7や10などのOSのインストールに挑戦する際のヒントにしてみて下さい。



準備が万端なら手順通り進めればOK

ウインドウズのクリーンインストールについては準備の度合いによって難易度が変化します。

ここでは「ウインドウズ7やウインドウズ10を新たにインストールする」という前提で色々な情報を記載させて頂きます。

OSを新たにHDDやSSDにインストールする。

初めて経験する場合にはちょっとドキドキする場合が多いかもしれません。

しかし、ウインドウズのクリーンインストールは準備次第で難易度は下げれます。なので万全の体制が取れるならそうした準備を入念に実施したいです。

メーカーが用意したOSのインストールメディア
メーカーが用意した機種別のドライバメディア

上記の物(大抵はCDやDVD形式)があればクリーンインストールも楽々です。

HDDをSSDに置換する場合などはコピーソフトをつかったり、システムイメージの復元機能を使ったりする方が労力も少なく手軽です。

しかし、ヤフオクなどで出品されているものは「OSなし」というパソコンも多いです。 そういった場合にクリーンインストールの方法を知っておけばそういった物も購入可能対象にすることができます。


OSインストール関連のヒントのまとめ

メーカーによっても難易度は違いますが、専用のOSメディアやドライバメディアがあればかなり簡単です。

DVDドライブにそうしたメディアを入れて手順通りにクリックをしていけば大丈夫です。

もちろん一般的なOSメディアを使うことも可能です。この場合には「COAシール」と合致しているものをインストールすれば認証は問題ないです。

※実体験では次のようなことを経験しています。


【実体験1】

ウインドウズ10が入ってあったノートパソコンでCOAシールはウインドウズ7というものに、一般的な(メーカー専用でない)ウインドウズ7のOSメディアを使ってクリーンインストールをしたことがあります。

認証も一発で通り問題無しでした。ドライバはメーカーが公式サイトなどで用意してくれているものをダウンロードしてひとつずつインストールをしていきました。


【実体験2】

ウインドウズ10が入ってありCOAシールはウインドウズ7というノートパソコンに新規でウインドウズ10をクリーンインストールをしたことがあります。

OSメディアはマイクロソフトのツールをダウンロードして作成しました。ドライバはメーカーの公式サイトからダウンロードしてインストールしていきました。

認証は自動で通ってました。

認証に関してはプロフェッショナルならそれを、ホームエディションならそれを選んでOSをインストールする必要がありますが、「bit数」はどちらでもいいような気がします。

特殊なソフトなどを使用する環境でないかぎり32bitを選択する必要性はないと思っています。

「64bit」のメリットの方が圧倒的に大きいはずです。

メーカーによっては必要なドライバが手に入らない場合もあります。なので事前にそういった情報は確認しておく必要があります。



スポンサードリンク