top画像左
top右

自分自身で努力して改善できる選択肢

パソコンが故障して困る前に少しの投資とちょっとした行動で取り返しのつかない損失を避ける方法のひとつが「バックアップを取る」という選択肢です。パソコンが故障してしてからでは遅いバックアップの重要性を再認識することとさらにベストな対策などを記載しています。


バックアップはこまめに2つ以上保存しておくのがベスト

いざという時に威力を発揮するのがバックアップです。

データーを保存している。
画像を残している。
重要な書類を管理している。

こういった場合には消失しても元に戻せるようにバックアップを取っておく事は非常に有効な手段のひとつです。

「バックアップなんて必要ない。」

消失して困るものを持っているにも関わらず備えをしていない人は万が一の際には必ず痛い目にあいます。なくなって困るものを失くしてしまうのですから。

今までバックアップを使う事がなかった人はラッキーです。

多くの人は「保存しておいて良かった」という事を経験しています。あるいは過去に痛い目にあってからは必ずバックアップを取っておくようにしているという人もいらっしゃるでしょう。


バックアップの保存先はどこが良い?

パソコン内部のHDD(SSD)以外ならどこでも良いでしょう。

UBSメモリでもCDでも外付けのHDDでもお好きな場所に保存しておくといいです。最近ではクラウドストレージと呼ばれるWeb上のスペースにもデーターや画像などを保存できます。

ひとつだけじゃなしに二つ三つバックアップを取っておくとさらに安心です。


自分自身で努力して改善できる選択肢のまとめ

「バックアップを取る」ことはパソコンがクラッシュしたり不調になって慌てることを避ける有力な手段のひとつです。

日頃からこまめにバックアップを取る習慣ができてしまえば特に面倒であると感じることもなくなります。何よりも「「万が一の場合にはこれだけは守られている」と考えると安心できるはずです。

バックアップはひとつではなく二つ三つ別々の所に取っておくとさらに安心です。

「確かOSのシステムイメージがあったはず、それを使えば問題なく復元できる。」

自分自身も過去にそういう事がありました。

しかし、うまく保存ができていなかったようで(実際には保存する際の設定が悪かった)、復元時に使えないということで涙をのんだことがあります。

それ以来、バックアップは複数の場所で保存して機能するか、ちゃんと保存できているか確認するようになっています。いざという時に使うモノですから使えないと困りますからね。

バックアップの保存先はパソコン内部のHDD(SSD)以外ならどこでも良いでしょう。UBSメモリでもCDでも外付けのHDDでも。

どの媒体に保存するか?よりもどれだけ頻繁に取るか?ちゃんと取れているか?が重要なのですから。

関連コンテンツも参考にしてみて下さい。

低予算のパソコン購入のヒント
※当サイト別ページコンテンツ



スポンサードリンク