top画像左
top右

「一台しかパソコンがない」というリスク

家、あるいは仕事場に一台しかパソコンがないというリスクについて考える為のヒントや対策などを記載しています。今ではタブレットやスマホがありますが一台しかパソコンがないとやっぱりリスクがそんざいするという事を認識して何らかの対策を講じるか複数台の運用を考えたいものです。


パソコンが故障!?日常業務は完全停止状態

パソコンは便利なアイテムで一台あれば色々なことができますよね。 でもそれが故障してしまった場合の対応策などを考えている人は意外と少ないです。

かつての自分がそうでした。

メインのデスクトップ一台を保有して家での作業やプライベートの娯楽などに使っていました。

パソコンを2台保有する。

当時はこんな考え方は微塵もなかったです。

ある日突然画面がブルーバックになりました。原因もわからず調べる手段もなかったです。

その時点でお手上げなんですね。

情報を調べようにもパソコンがない(当時はスマホなんてなかった)のです。 さらに新しいパソコンを注文しようにもオンラインで注文すらできない状態なのです。

パソコンが不調になる。

あるいは何かしらのはずみでおかしなことになってしまう。

なんてことは割と普通に起こりえる事ですし、簡単な事が原因であることが多いです。

ちょっとしたことで元に戻った。

こんな経験は誰しも一度や二度は経験しているはずです。

その「ちょっとしたこと」をすぐに調べられるか調べられないかというのには大きな溝が存在します。

「一台しかパソコンがない」というのはそれ自体が大きなリスクであるという事です。そしてそれを認識すれば自ずと対策もしっかりしてメンテや運用に意識が向くはずです。

対策もしっかりしてメンテや運用に意識が向かない。

あるいは向いていない人は痛い目に合わなければ一生認識はしないかもしれません。もしくは運よくパソコンが故障せずにずーっと快調に動き続ける人もいらっしゃるかもしれません。

それはそれでよい事ですが、そんな運任せの状態って怖いと思いませんか?

「その時になって困り果てない」為に今で出来る事はできればすぐに実行したいですよね。


「一台しかパソコンがない」というリスクのまとめ

とっておきの一台。
無くてはならないもの。

便利になり過ぎるとそれに依存してしまった体制になりがちです。

でも冷静に考えてみることも必要です。

「これが壊れたらどうする?」

そうです。

一台しかないとどうにもならない事って結構あるんです。

パソコンは2台保有して困る事はほとんどありません。場所が無いならもう一台は小さいモバイルタイプのノートでも選べます。

今ならタブレットも高性能になってきています。

要するに万が一の場合に有効な手立てができる体制は最低限揃えておく方がベターであるということです。

予算の問題なら当サイト「」のコンテンツを参考にして頂ければクリアできると思います。ぜひとも参考にしてみて下さい。

低予算のパソコン購入のヒント
※当サイト別ページコンテンツ



スポンサードリンク