top画像左
top右

低予算のパソコン購入のヒント

低予算でパソコンを購入するためのヒントなどを記載しています。低予算で仕事にもプライベートにも不満なしで使えるスペックの高いパソコンを購入するためのヒントや選択肢などを掲載しています。



個人的には中古を購入してメンテする方法を選択

パソコンの購入を検討している場合で重要になってくるのが予算です。

出来る限り低予算でハイスペックな商品を望む。

こうなるとやはり新品では難しいです。NECや富士通、エプソン、HPなどではかなりお得なアウトレットセールを実施している事もあります。

それでも5万円以上の大きな出費になることは間違いありません。

予算を抑えてパソコンを購入するパターンを分類してみます。

(かなり大雑把で限定的になりますが。)

@新品を出来る限り安く購入する
A中古パソコンショップで購入する
Bヤフオクに参加して入手する

@>A>B

この順番で安心度は変わってきます。

新品の商品にはメーカーの保証が付いてきますので万が一の場合にも安心です。

Aにおいても優良なお店では独自の保証を設けて対応してくれるお店も多いです。自分自身も2台の中古パソコンを楽天市場のショップから購入してますが全く不満はありませんでした。

むしろ綺麗に清掃された商品が届いて感動したくらいです。

Bに関してはある程度の知識がないと厳しい一面もあります。

理由は保証がないからです。

あったとしても1週間とかです。トラブル(万が一の場合)などに関しては全部自分で対処する必要があります。

メモリ増設やHDDの交換ができる知識がないと安心して使用できない商品もあったりします。

なのでヤフオクに関してはある程度の知識がないと厳しい一面もあると言えます。


最新型で予算を気にしてスペックを落とす

最新型のパソコンを購入する場合には予算もかなり大きくなりますよね。

「予算的に厳しいからCPUの性能を落として低価格なこちらを選ぼう」

これは後々後悔するパターンが多いです。

全ての動作の処理速度が遅かったりしてしまうこともあります。 CPUは素人にはなかなか交換できない部品です。(そもそも交換出来ないものあります。)

新品で購入する場合でも思い切ってワンランク上の高性能なCPUの商品を買うことが「後々後悔しない」買い物になります。

新品の場合には中古以上にCPUや機能のスペックの違いによる価格差が大きいです。

中古ではそれほどの価格差がない事が多いです。 なので型落ちでも当時のハイスペックグレードを購入して「快適化する」(メモリ増設やSSD化)という選択肢も考えたいです。

5年程前の機種なら当時の新品価格の1/10程度で購入できる場合もあります。

当然、パソコンのスペックも高いので、型落ちとはいっても快適に使用できる場合が多いです。何より予算が抑えられる場合が多いです。


お得にパソコンを購入するヒントのまとめ

予算を抑えてパソコンを購入するパターンを分類すると次の三つくらいになります。

(かなり大雑把で限定的です。)

@新品を出来る限り安く購入する
A中古パソコンショップで購入する
Bヤフオクに参加して入手する

@番以外の選択肢を選ぶ場合には「快適化」の為のメンテやパワーアップのパーツなどの購入も検討したいです。

さらにB番を選択するなら自分でメモリの増設や内蔵ディスクの付け替え、 キーボードの付け替えなども出来るようになっておくと良いでしょう。



スポンサードリンク